理解の範囲

先日とっても良いお話を聞いたので

 

 

ぜひこの場で一緒にシェアさせてくださいドキドキ

 

 

今あなたは病院の待合室にいます

 

朝から頭痛、悪寒に襲われ最悪な気分で待っています

 

座っていることさえ苦痛な状況なのに

 

混んでいるのか全く呼ばれる気配もありません

 

そんな時、小学生ぐらいの男の子二人が

 

追いかけごっこをしながら

 

うるさい声を張り上げながら

 

病院の待合室を走り回っています

 

 

近くには父親かと思われる男性が肩を落として座っているだけで

 

その子供たちに一言の注意もしません

 

 

 

具合の悪いあなたはついに我慢の限界が切れて

 

 

「あなたのお子さんですよね!? ここは病院なんだから

少しは静かにするように言ってくれませんか爆弾

 

 

するとその男性、

 

力無げに 涙をいっぱいためた目で

 

「それは たいへん申し訳ありませんでした汗

実は先ほどあの子達の母親が亡くなりまして、

 

あの子達も多分現実が受け入れられないのか、ずっと騒いでいるもんで

 

そうすることで、あの子達なりに頑張っているんだろうと

 

でも、周りの方たちのことを考えられず すみませんでしたあせる

 

 

 

さて、この時あなたはどう思いますか?

 

さっきまでは 具合が悪く ただ迷惑なうるさい子供たちドクロ

 

 

でも、相手側の話を聞いて

 

理解が始まると いきなりすべてが変わりませんか?

 

 

 

今日は 「理解」の続きになりましたが

 

私たち 常にいろんな人間関係を持ち

 

ほとんどが自分の物差しで考え

 

そして「理解している」 とおもっています

 

 

でも本当の理解とは

 

相手の気持ちや話をちゃんと聞いてあげて

 

こちらも恐れずちゃんと伝えて

 

初めて 「理解」できるのでしょうねラブラブ!

 

 

 

もし今あなたが あの人ってパンチ!

 

 

と思っている人がいたら

 

ちょっとこの話を思い出してみてください

 

 

少し気持ちが和らぐかもしれませんね音譜

 

 

 

コミュニケーションはやはり大切ですねアップ

 

 

 

 

 

今日もお付き合い下さりありがとうございましたドキドキ

 

 

 

See you soonラブラブ!

 

This entry was posted in ブログ. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *